去勢で予防も可能!│犬の前立腺肥大症について

 雄犬の前立腺は歳をとると少しずつサイズが大きくなってきてしまいます。その大きさが一定以上になると前立腺肥大症と呼ばれる状態になり、さまざまな症状の原因となります。今回は雄犬の前立腺肥大症について、症状や原因、治療法、予防法などを詳しく解説していきます。

 

犬の前立腺肥大症の症状

犬が前立腺肥大症になると、次のような症状がみられることがあります。

・尿に血が混ざる

・尿が出にくい

・便が出にくい

・便が細長い

これらの症状は肥大した前立腺により尿道や直腸が圧迫されてしまうことで引き起こされます。雄の成犬で上記のような症状が見られる場合には、早めに動物病院を受診するようにしましょう。

 

犬の前立腺肥大症の原因

前立腺は雄犬の副生殖腺です。犬の前立腺は成犬になっても少しずつ発達し、サイズが大きくなっていきます。前立腺肥大症の発症は5歳以上の犬でよく見られます。

前立腺の肥大には性ホルモンが強く関連しています。前立腺の肥大に関連する性ホルモンはアンドロゲンとエストロゲンの2種類です。歳をとると精巣からのアンドロゲンの分泌量が減少し、エストロゲンの分泌量は増加します。これにより、前立腺の細胞の過剰な増殖が引き起こされてしまい、前立腺が肥大してしまいます。

 

犬の前立腺肥大の治療法

レントゲン検査や超音波検査直腸検査などを実施して前立腺の肥大を確認します。これらの検査を行うことで、腫瘍や炎症の発生がないか確認することも可能です。前立腺の肥大があり、前立腺の腫瘍などが否定されると、前立腺肥大症として診断が下されます。

 

前立腺肥大症にはアンドロゲンやエストロゲンといった性ホルモンが深く関与していることから、前立腺肥大症の治療には基本的に去勢手術がすすめられます。しかし、高齢の場合や心臓病などの基礎疾患がある場合などで手術の実施が難しい場合には薬による治療を行うこともあります。

前立腺肥大症は悪化すると前立腺炎などの原因となることもあるため、前立腺肥大症を疑う症状が見られたら早めに治療を開始しましょう。

 

犬の前立腺肥大症の予防法

前立腺肥大症の予防法は、若いうちに去勢手術を行うことです。去勢手術を行うことで前立腺肥大だけでなく、あらゆる病気の予防になります。去勢手術で予防できる病気としては、前立腺疾患や肛門周囲の腫瘍、会陰ヘルニア、精巣腫瘍などが挙げられます。

将来、繁殖させる予定がない場合には早めに去勢手術を行うことをおすすめします。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演