犬の鼻腔狭窄症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の鼻腔狭窄症の症状

犬の鼻腔狭窄症(びくうきょうさくしょう)は、鼻腔が狭くなっているため、呼吸する際に鼻をグーグー鳴らしたり、鼻水を垂らしたり、呼吸が荒くなったりするようになります。呼吸のしづらさから運動後や興奮時に酸欠状態に陥ることもあり、熱中症や酸素不足によるチアノーゼを引き起こすこともあります。

犬の鼻腔狭窄症の原因

鼻腔狭窄症は、主に先天的な異常で発症することが多く、パグやシー・ズー、ペキニーズなどの短頭種に多く発症する。

そもそも、犬の可愛い外見を重視して人間が行ってきた選択繁殖の末に生まれた遺伝病です。つまり、人為的な病気なのです。

犬の鼻腔狭窄症の治療・予防

治療方法としては、日常生活に影響がなければ治療は行わないことも多いですが、呼吸困難になるほどの重度の場合は、鼻腔を広げる外科手術を行います。

予防方法については、先天性の病気であるため現在は見つかっておりません。

記事監修
動物病院病院 総長 藤野 洋

アニホック往診専門動物病院獣医師 藤野 洋

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

日本大学生物資源科学部(旧農獣医学部)獣医学科卒業。
卒業後、約20年にわたり動物病院でペットの治療に従事。
2007年(株)フジフィールド創業。動物病院とトリミングサロンのドミナント多店舗展開を行い、複数店舗の開業/運営を果たす。

【エデュワードプレス(旧インターズー)】・トリミングサービス成功事例セミナー講師・トリミングサービス成功ガイド監修・Live trim2018 マネージメントセミナー講師 【メディア】・ラジオ調布FM ペットオーナー向け番組MC・多摩テレビ 「わんにゃんMAP」番組パーソナリティ・j:comジモトピ「世田谷・調布・狛江」出演